陸上事業部

ドライ真空ポンプとロータリブロワをコア技術に多様な世界市場ヘ

舶用ポンプ製造から出発した大晃機械のポンプは、やがて陸上へ。
小型から大型、空気から特殊ガスまでの多種多様な製品ラインナップと実績が特徴で、
ニッチ市場においてその存在感は世界から注目されています。

特殊対応力(特殊材質・特殊シールなど)の強みを蓄積、
応用・展開して、さまざまな産業分野へ

陸上用ポンプに関してはニッチャーとして技術研鑽を重ねてきた大晃機械は、現在そのノウハウを応用・展開して、さまざまな産業向けにポンプを送り出しています。流体移送のデパートともいえるほど多用途のポンプがラインナップされていますが、数多くの顧客ニーズに応えるために必然的な展開といっても過言ではないでしょう。
いわゆる「陸上用」ポンプは社会インフラを含む各種工場や施設などの機械・設備の周辺機器として多分野に渡って使用されています。大晃機械の陸上用ポンプのラインナップは移送する気体や液体の性質に合せて、ドライ真空ポンプ、ロータリブロワ、歯車ポンプ、ねじポンプ、遠心ポンプなど多岐に渡り、そして各々のポンプは必要な能力に応じて顧客の要求事項を満足させる設計、製作、検査を行い製品として出荷されます。また、3事業部に共通することですが、大晃機械には新技術・新アイデアを駆使して新製品の開発にあたるスタッフの他に、既存製品をお客様が実際に使用される環境に合せて、設計変更を行うスタッフがおり、細かな要求事項にもタイミング良く対応できる体制を整えております。

高く評価される独自技術と特殊対応力を基軸に
その強みを省エネ技術へと進化させます

大晃ポンプの供給先は多岐に渡りますが、ひとつの特徴として挙げられるのは、より安全・より安心なポンプが求められる現場で高い評価をいただいている点です。たとえば近年特に高い評価を受けている製品に「ドライ真空ポンプ」の存在があります。独自の設計思想と高度な製造技術による「大晃独自のスクリュー形状(Queen Bee Screw)」は世界一の低速運転を実現し、尚且つ、スクリュー形状による優れた排気性能などから、半導体や液晶パネル、太陽電池、リチウムイオン電池の製造プロセス内でも数多く採用していただいており、合せて、医薬品製造プロセスにおける凍結乾燥や、化学品製造における真空蒸留など広範囲な業界に幅広く納入実績を有しております。
その実績に甘んじることなく、更に大晃独自のスクリュー形状を進化させた省エネモデル「eco VP」を新製品としてリリース中で、省エネ性の向上にも努めております。 これまでの特殊対応力を省エネ技術に進化させた継続的な製品開発の取り組みを通じて、顧客満足の更なる向上に努め、省エネ性でも高い評価をいただける各種ポンプを送り出していきます。

大晃機械のドライ真空ポンプはパウダーやミストに強く、ハードプロセスでご使用のさまざまな業界のお客様に導入されています。


設計部門は、お客様が事業展開を行う産業界の深い理解と豊富な知識が求められます。それが製品の品質の一翼を担っています。


大晃独自のスクリューは、長年の研究開発による形状が特徴。低速運転でクリーンで高信頼性の真空ポンプとして設計されています。


国内外の展示会へも参加しており、大晃ブランドの向上と製品PRを積極的に展開しています。